白髪を抜く方法

今回の記事に「白髪を抜く方法」と題してはいますが、基本的に白髪対策として抜くのは良くないということをお忘れなく。
白髪を抜くと毛根が傷みます。
数本程度だから簡単に対策をとりたいというのであれば、抜くのではなく根元でカットするのが手軽ながらも最適な方法です。

それでも、どうしても抜いてしまいたい!という場合の方法を以下に記します。

白髪を強引に抜くと毛根が傷んで髪そのものが生えなくなってしまうため、なるべく毛根を傷めずに抜くことを考えなくてはなりません。
白髪を抜くと毛根が傷んでしまうのは、それだけ頭皮がガッチリと髪を掴んでいるためです。
まずは抜きたい白髪の周囲をマッサージして、頭皮の髪を掴む力を和らげましょう。
マッサージの際、マッサージオイルとしてオリーブオイルを使用すると、効果もやや高まります。

次に白髪を抜く瞬間の力の加え方ですが、瞬間的に力を加えて一気に引き抜くのは良くありません。
白髪を持つ手とは逆の手で頭皮を押さえつつ、ゆっくりと引き抜きましょう。
頭皮を押さえるのは、皮膚表面が引っ張られて傷になるのを防ぐためです。

このように対策を練ってはみても、自分で抜くということは鏡を見ながらの難しい作業になることでしょう。
誤って抜いてはいけない黒髪を抜いてしまうなんてこともあるかもしれないので、充分な注意が必要です。
あとは、無事な黒髪をノンシリコンシャンプーなどでケアすることをお忘れなく。

それにしても、手軽に対策を取りたいと思ってはいても、安全に抜こうとすると上記のようにいくつかのステップを経ることになってしまい、どうにも手軽とは言えませんね。
やはり、抜かずに小まめにカットする方がメリットも大きい気がします。

 

「対策」から「対処」へ


若白髪やストレスによるものを除けば、白髪とは加齢につれて増えてくるのが当然のものなので、あらかじめどんなに対策を施していようと白髪の進行は止められないというのが一般的な意見です。
老化現象として増え始めるのは、男性なら30歳前後、女性なら35歳前後からと考えられており、遺伝や体質によってはそれより早くから起こる人もいれば、遅くから起こる人もいます。
対策で可能なのは、その増え始める時期を遅らせることや、進行速度を弱めること・・・といったところでしょうか。
いざ増えてきたと感じたなら、そのときは白髪を染めるといった方法で対処することを考えなくてはなりません。

ですが、いくら必然的な老化現象とはいっても、いつまでも若々しくありたいというのは全ての人にいえることではないかと思います。
これまで行ってきた「対策」ががらりと変わって「対処」するようになるというのも、なんだか諦めてしまっているみたいで納得がいかないものです。
なるべく「対策」に近い方法で「対処」できれば、と思うでしょう。

方法をがらりと変えて対処しなくてはならないとはいっても、急に本格的に染めなくてはならないというわけではありません。
白髪染めには美容院で行ってもらう方法もあれば、自宅で自分で行う方法もあるのです。
その自分で行う方法の中には、シャンプーするだけで染められる方法もあるのです。
シャンプーするだけというのは、白髪染め効果のあるシャンプーを毎日使うだけで、徐々に黒く染まっていくというもの。
これまでのシャンプーを変えるだけと考えれば、こちらもまだ「対策」と見なせる方法かと思います。

女性は特に白髪に対して早くなんとかしなければ。

と思われる方が多いと思います。

やっぱり髪の毛が白いと歳もそれなりに重ねている証拠になりますし時には年齢以上の歳に見られる。

何てことも考えられます。

女性は若くて綺麗なままでいたい。

という願いを持つ生き物ですからその事は避けたい問題ですよね。

そんな時に頼りになるのが白髪染めです。

黒しかない印象ですが、最近の商品は自然な茶髪にする事もできるので黒々しい髪の毛よりも優しい雰囲気を作り出すことができます。

髪の色で人の印象は変わりますので、年齢を重ねるからこそ慎重に選びたいものですね。

友達と比べて自分の髪の毛が白いと感じたら、白髪染めで染めている人もいるでしょう。

白い髪の毛を放置しているとさらに増えてきますしそのせいで年齢以上の見た目に見られる可能性もあり女性にとっては嫌な事で早くなくしたいと思いますよね。

染めるとはいえ、沢山色々なタイプの商品があるので好みの物がすぐに見つかると思います。

しかしながら、商品の多さに困惑してしまう場合はネットから口コミなどを検索してみることをお勧めします。

その場では実際に商品を使った人の感想が聞けるので良い参考になると思います。

ふっと鏡を見たとき、自分の髪の毛に白い毛を感じたら自宅で白髪染めを使用して、不安をなくしてしまうのが一番良い処理方法ですよね。

染める液体といっても、その種類や数は選びきれないぐらい豊富で生え際の白髪を目立たなく出来る物や泡で髪全体を包み込むタイプの物など人によって使用しやすいものが見つけられます。

加えて、色は黒だけでなくダークブラウン・ブラウンなど地毛に合わせてより自然に近い物を選ぶことが出来ます。

なおかつ、染める液体の原料は全てが植物から抽出している物など地肌の健康を考えた商品もあります。

よく目にするヘアカラーを使って髪の毛を染める方は多いと思います。

髪を染める時、やはり気になるのが液の飛び散りや準備・後片付けなどの大変さですよね。

しかしながら、中には乾いた髪の毛に使用するものだけでなく髪を洗った後にトリートメントとして毎日使っていれば少しずつ白い部分に色がはいっていく。

というような大変手軽な物も出ています。

これを使用すれば、髪に良い成分もトリートメント効果で与えることができますし白い部分をきちんと染められます。

ドラッグストアで購入できる場合もありますが種類豊富な商品が見たければネット検索が良いでしょう。

歳をとったぶんだけ体にでてくる、避けたくても避けられないもの。

それは白髪です。

40代も半ばを過ぎると髪の毛、特に生え際付近にうっすら白い筋が目立ってきます。

白い毛1本でもあるだけで老けた印象を与えてしまいますし顔のしまりがなく疲れている感じにとらえられる事もあります。

そこで、白髪染めを使って隠せる部位は隠すのがおすすめです。

今は使いやすい商品が沢山でているのでどれがいいのかわからない。

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

その場合はランキングサイトを検索してください。

売れ筋の商品が解りますので選ぶときの参考になります。

年齢がある程度いくと、男性・女性それぞれ気になってくるのが黒い髪だったのに白髪が生えてきた・・といった事ではないでしょうか。

残念ながら、こればかりは自分の努力でどうする事もできず体は歳に対して相応の変化が出てきます。

ですが、全く諦める必要はなく白髪の部分を白髪染めで染めてしまえば良いのです。

自分で染める物は髪が傷む原因にならないか・・と思われる方もいらっしゃると思いますが、トリートメントを配合された商品が多いので使用したからといって髪がすぐに傷む。

という事は少ないでしょう。

しかしそれでも不安であればさらにトリートメントやパックなどを加えてみては如何でしょうか。

お風呂に入っている時、ふっと髪の毛が白くなってきたなぁ・・と思ったらセルフでできるヘアカラーで気になる部分を染める方も多いと思います。

プロに任せるのではなく、自分でやれば時間が節約できますし安く仕上げることができるのも嬉しい事です。

生え際に生えた白い毛だけに塗れるタイプの物や泡が出てきて髪の毛全体を包み込みムラを防ぐタイプの物など色々な種類の商品をドラッグストアに行くと目にします。

自分でやってみて、染めやすいな。

と感じた商品を見つける事はより綺麗に染めるための重要なところです。

さらに、ネットからですとより多くの珍しい商品を見つける事ができます。

やたらと人から白い毛を指摘されるようになった。

そう落ち込んでいる方もいらっしゃるでしょう。

体の方は元気そのもの!だとしても、白髪はそれにかかわらず生えてくるのが事実です。

が、目立つ白髪は白髪染めで元の黒髪に戻せます。

最近の商品は黒く染められる黒染めカラーの物や自然な色合いの茶髪カラーなど自分の雰囲気にあったカラーを選べることが多いですので染めているとは人から思われないほどナチュラルな雰囲気にする事ができます。

また、トリートメント成分が配合されている物が多いので髪も傷みにくいうえ、自宅で手軽に使用できます。

近年、巷にある薬局などでも自分で白髪を染めることができるヘアカラーを目にする事ができます。

自宅で染めるメリットとしては美容院にかかるお金が節約できる。

という事です。

しかし、薬局で買ったもので染めると髪の傷みが心配になる。

という声も多く聞かれます。

髪の毛を染める時はどうしても髪の毛に対してマイナス面も出てきますので美容院で染めても同じことが言えると思います。

通販サイトを見てみると、原料がすべて植物由来の物など傷みを減らし、髪と地肌の健康を第一に考えた商品を探すことが可能です。

漆黒が自慢だったのに最近は白い毛の方が目立ち始めてきた・・そう思ったら行きつけの美容院にいって綺麗に染めてもらう。

という方も多いと思いますがヘアカラーで自分で染めてしまう方もいらっしゃいます。

市販の物は安全なのか、不安がある。

といった事を良く耳にしますが、これは人それぞれです。

安心して使えるか。

という所で一番引っかかる問題は皮膚にアレルギー反応が出てしまうかどうか、です。

しかし、多くの染める液体の説明書には事前にパッチテストを勧めていますので初めにそちらをチェックされてから使用するようにすれば良いかと思います。

かつ、植物由来の物を選ぶとより安心できます。

黒い髪の中にある白い毛に気づいてしまったら白髪染めで染めてしまう人もいると思います。

ドラッグストアでも色々な商品が売られていますがネット上ではより効果的で髪にやさしく、手軽な商品が沢山揃っています。

特に良いのは、トリートメントとして使えるものです。

一般的には、乾いた髪に液体やクリーム状の物を塗りますがその後のシャンプーも色が飛び散り、大変ですよね。

一方、トリートメント感覚で使える物は濡れた髪でもOKなのでお風呂で使う事ができ、なおかつ髪のダメージも防げます。

大変便利に使える商品です。

生え際の白い筋が気になり、髪をアップすることができない・・そう考えている人におすすめしたいのが白髪染めです。

とはいっても、白い毛は髪全体にあるわけではなく一部に数本あるといった症状が多いと思います。

カラーリング剤は通常、髪全体を均一に染める商品ですがそれ専用の物はポイント部分だけ染められるコームが小さい物や全体的に液を乗せたとしても白い毛だけに色がつくようになっていたりとこういうような感じの商品を沢山目にする事ができます。

自分で染めらえると美容院に行く手間も省けますよね。

漆黒の黒髪の中に白い筋が入り始めてきた気がする。

そんな時はヘアカラーを使用して髪を染めるのが一番です。

植物由来の物や生え際に簡単に塗れるタイプの物など沢山の種類から自分好みの物を選ぶことができます。

買った後の使う頻度は人によって変わってきますが例を挙げるとすると、生え際の物は割とすぐに生え、目立つので出来たら2週間に1度程度。

という人が多いようです。

また他にも、髪の毛全体の場合は手間も時間も必要なので最低でも1か月に1度という方が多くなるそうです。

働き盛りの40代、ですがその年だから気になりだすのが髪に出てくる白い毛だと思います。

やっぱり見つけたらショックですし、早くなんとかしたい!と思いますよね。

最近は薬局でも白髪染めのコーナーの商品が増えてきました。

男性と女性用の2パターンがあるので自分に合った商品を見つける事が出来るでしょう。

買えばセルフで染めればよいだけなのでプロの手に任せるよりも手軽に出来ますし安価ですから人気が高い商品の様です。

しかし、自身でやるには髪の毛の傷みが心配。

という事であればプロ仕様の美容成分が配合された商品がおすすめです。

自分で目立つ部分の白い毛をもとに戻せる白髪染めは美容院に行くよりもリーズナブルな価格で染められる他誰にも気づかれずに髪の色を保つことができるので中高年の方に人気がある商品です。

しかしながら、液の飛び散りなどでその後の掃除が大変。

といった考えはまた多くの方が持っているかと思いますが昨今の物は色々な種類が出ており濡れた髪にも使用できるトリートメント効果高い物もあるのでより手軽に使える物が増えてきました。

売れ筋商品が欲しい場合はランキングを表したサイトもありますから知りたい方はネットから調べてみると良いでしょう。